IT業界の仕事

IT業界への転職、未経験でも大丈夫!

IT業界の魅力と深刻な人材不足です。

あなたがもし今、転職を考えているなら、IT業界は転職先としてはもっとも有望な選択肢のひとつでしょう。

IT業界への転職は、未経験でも大丈夫!

今回は、未経験者がIT業界への転職を検討するとき、「疑問に思うこと」、「知っておきたいこと」について、シンプルにお答えします。

 

IT業界を転職先に考えているのだが、未経験でも入社できる?
必要な能力は?スキルは?年齢制限は?

未経験でも入社してついていけるのか?やっていけるのか?
事前に準備しておくことは?、収入は?

 

 

私はIT業界歴25年、システム開発・ITサービス展開など、さまざまなITの職種を担当してきました。

これまで、IT業界に転職してきた多くの中途採用の社員、協力会社の社員をみてきましたが、未経験者のIT業界の転職について、私の経験をもとにお話します。


IT業界への転職、未経験でも大丈夫!

未経験者のIT業界への転職は十分可能です。

しかし、誰もがIT業界でやっていけるわけではありません。

 

それには、前提となる条件がありますし、そのひと個人の向き不向きもあります。

IT業界への転職を検討する上で、知っておくべきことについてこれからお話します。


年齢制限はあるのか?

IT業界への転職、未経験者の年齢は30歳ぐらいまでの方にほぼ限定されます。

表向きの年齢制限はありませんが、30歳を超えている場合は、未経験でITエンジニアとしての採用はかなり厳しいと言えます。

30歳以下であれば、未経験でもITエンジニアとして採用されます。ただし多少の前提知識とスキルは必要です。

 

ただし、営業職出身の方で、ITの営業としてのキャリア採用であれば、30歳を超えていても可能性はあります。

IT業界は、ITエンジニアはたくさんいても、営業ができる社員は少ないので、営業職としての実績が認められれば、採用される可能性は十分あります。

 

 

未経験でも入社できる会社は?

GAFA(ガーファ:グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などにいきなり入社するのは無理ですし、社員数500名以上の会社についても新卒でもないかぎり、よほどの何か特別なスキル(会計士、税理士など)があれば別ですが、未経験者が中途採用される可能性は低いでしょう。

IT以外の業界からの未経験者は、だいたい中小規模の会社に限られますが、とにかくどこかのIT会社に入社して、まずはITスキルを習得することです。

もし、入社した会社がイマイチであれば、その後で転職してステップアップしていけばいいと思います。

 

私はこれまで数多くの未経験の転職者を見てきました。元ミュージシャン、元営業職、元公務員、元フリーターなどさまざまです。

IT以外の業種から転職してくる人は、業務でパソコンをよく使ってきたとか、総務で会計システムを利用してきたなど、何らかITに関わりを持った人が多かったです。

そんな未経験の転職者が立派に活躍している場面を、私はこれまでたくさん見てきました。中には入社後にヘッドハンティングされて、より上位のIT会社に転職していく人を何人も見ました。

個人的には、むしろ未経験の転職者の方が好奇心が強く、知識欲が旺盛で、これまでの遅れを取り戻そうと必死で、ITエンジニアとしての成長は早かった気がします。

 

ただし、ブラック企業への入社は注意すること。

ブラック企業の見分け方は、入社前にその会社の中堅社員にヒアリングの機会を設けさせてもらい、1時間ぐらい話せばだいたい内情はわかると思います。

それでも見抜けず、ブラック企業に入社していまったら、しかたないので、その会社の仕事でIT技術を学んで、さっさと次の転職先を探すしかないです。

会社なんて入社してみないと、自分に合うかどうかは、わからないものですから。


オススメはWebエンジニア

転職先の職種に、特にこだわりがないのであれば、IT業界の中でもWebエンジニアをオススメします。

Webエンジニアとは、以下のシステムを開発するエンジニアのことです。

  • インターネットを介して、「あったらより便利になるサービス」を提供
  • 一般消費者向けにインターネットサービスを提供(Eコマース、電子書籍、Eラーニング、Web広告)
  • FacebookやtwitterはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
  • 世の中をもっと便利で面白くするシステム(ポータルサイト、ソーシャルゲーム、キュレーション)

Webエンジニアは将来性があるのと、比較的オープンな技術なので習得が容易だからです。

また、他のITの職種に比べ、ブラック企業の確率が少ないです。将来独立し、フリーランスにもなり易い職種でもあります。

Webエンジニアは、企画から開発、運用、保守を一貫して受ける場合が多く、元請け下請けなどの上下関係が少なく、ITエンジニアとしての地位が比較的高い傾向にあります。

 

Webエンジニアが必要なスキルについては、「未経験でもWebエンジニアになる方法」の記事をご覧ください。

 

また、Webエンジニアになるなら、社員の構成比率で、営業の人数が多い会社は要注意です。

営業メインの会社は、Web開発を外部の下請け会社に発注する場合があるので、そうなるとWeb技術を学べない可能性があります。

自社でWeb開発している会社を選択した方が望ましいです。

 


必要な能力は?スキルは?

未経験でも、IT業界に転職できるとはいえ、以下の最低限のITスキルは必要です。

  • Windowsパソコンの基本操作(または、Mac)
    ⇒基本的なパソコン操作技術
  • マイクロソフトオフィスの操作
    ⇒ワード、エクセル、パワーポイントなど、基本的なドキュメントが作れること

 

あと、能力的には、人並みであれば問題ないです。

IT業界は、仕事の性質上、一見オタク系でもの静かな人が多いですが、不動産、飲食店、流通などと比べると、比較的に真面目で親切な人が多い印象です。

IT業界の市場規模は年々伸びているので、そんなに処遇でギスギスしていない。人を大事にしないと辞められてしまうので、働き方改革が一番進んでいる業界でもあります。

 

ただし、ITは几帳面で、決められたこと確実にやれる能力が必要です、細かいことが嫌いな人には不向きかもしれません。

年齢が20代前半であれば、まずは入社してみて、自己の適性を判断するのもいいかもしれません。

もし、ITが自分の適性に向いていなくて、他の仕事に転職したとしても、ITはすべての業界に関係する分野なので、ITの経験は別の転職先でもいきますし、ムダにはなりません。

ITは文系理系は関係なし、向き不向きはあるが、その人しだいっというところでしょうか。

 

私は私立文系で、あまりITに向いていないと、若い時最初に思いましたが、結局25年間やってこれました。年収は1,000万円をこえています。

IT業界のいいところは、自分で努力を積み重ね、IT技術を習得することで、そのIT技術が自分の中で資産化することです。

 

するとその資産化したIT技術で、同じIT業界に転職も可能ですし、自分に対し技術的な市場のニーズがあれば、主体的に自分の生き方を決めることができます。フリーランスになることも可能です。

営業などのように「売りたい、売れない」など他者依存ではなく、自分のIT技術で自分の道を主体的に切り開くことができるのが魅力のひとつです。

 


過去の経験スキルをITで活かす

IT業界の「IT」とは「Information Technology」、つまり「情報技術」を使って、業務をより効率的に、生産性を高めて、「早い、安い、より満足」なサービスをお客さまに届けることが目的です。

ITはさまざまな業界で利用されています。まだまだ、IT化が進んでいない業界も多くあります。下の「業務別のIT導入状況」をご覧ください。

 

ITでシステムを開発するためには、単に「情報技術」だけではなく、ITを利用する業界のお仕事の内容を理解しないと、システムは作れません

ITエンジニアにとって、IT化の対象となる業界の業務知識を得ることは、非常に困難で、やっかいな問題です。ITエンジニアはITとは直接関係ない業務知識の習得にみな苦労します。

 

IT化の対象となる業界の業務内容を理解することが、ITエンジニアの課題です。

IT業界とは別の業界の業務経験、業務知識をあなたが持っていれば、それはIT業界においても貴重なものになる可能性があります。

したがって、あなたが持っている他業界の業務知識をいかせるIT会社への転職をオススメします。

 

IT会社にはそれぞれ得意な分野の業界があります。医療分野が専門のIT会社であったり、物流に強いIT会社だったりと、いろいろあります。

なので、自分の過去のキャリア、経験を通して得たスキル、業務知識を欲しているIT会社を転職先として選ぶことをオススメします。

 

 


どれくらい収入があるのか?

転職サイトDODAによると、2018年平均年収の業種別のランキングでは、もっとも高いのが「IT・通信業界」でした。

平均年収は461万円となっています。これは2018年の全体平均年収414万円に対し、50万円近く高い結果になります。

 

過去3年間の国内民間IT市場規模は以下のとおり、将来の予測も含めて順調に推移上昇しています。
IT業界の発展にともなって、収入の伸びも期待できます。

・2016年度:11兆8,800億円
・2017年度:12兆1,530億円
・2018年度:12兆4,930億円

実際に私は、これまでIT業界歴25年ですが、これまで一度も仕事で暇になったことがありません。リーマンショック、東日本大震災、コロナ騒動などがあっても、ずっと忙しかったです。
今やどの産業も、ITなしでは業務が立ちいかなくなっているくらい、ITが業務やサービスに浸透しているためです。ITがないと仕事にならない業界が、今後ますます増えていきます。


まとめ

これまで説明してきたことをまとめました。

  • 未経験者のIT業界への転職は十分可能、ただし30歳まで
  • 最低限のITスキルは必要(パソコン操作、マイクロソフトオフィスでドキュメント作成)
  • 一生懸命やれば未経験でもやっていける、オススメはWebエンジニア
  • 他業種からの転職者は過去の経験スキルを転職先でいかす

 


関連サイト

IT業界に強い転職サイト・転職エージェントをリストアップしてみました。こっちも見てもらえると嬉しいです。

というわけで、今回は以上です。
読んでいただき、ありがとうございました。



-IT業界の仕事

© 2021 IT系サラリーマンの前のめりブログ Powered by AFFINGER5